beauty一覧

タイ・プーケットで買うべきプチプラ美容アイテム女子みやげ4選

タイは美容大国ということもあって、美容アイテムも色々あります。南国ならではのコスメもあって美容好きならドラックストアやスーパーの美容アイテムコーナーではきっと目移りするかもしれません。 そこで、日本ではなかなか手に入りにくい、かつ実際は私が使用して良かったプチプラ美容アイテムをご紹介します。プチプラなのでバラマキお土産にもオススメです。

プーケット「Dr. Apinya clinic」でIPLフォトフェイシャルが500バーツだった

こんばんは。プーケットに長期滞在していると気になるのが日焼け。一応、日焼け止めを塗っているんですが、汗であっという間に落ちてしまうというのが最近の悩みです。 そんな常夏のプーケット。バンコクほどではないですが、美容皮膚科やエステサロンがショッピングモールや街中で見かけます。タイ人女性は美白の意識が高く、エステサロンでも美白対策のコースがあるようです。 私も日焼けによるシミが気になってきたので、プーケットでIPLフォトフェイシャルトリートメントにチャレンジしてきました!

タイで便秘になった時の3つ対処法

こんにちは。Mieko(@mieko_tokyo)です。 タイに滞在して早5ヶ月目。汚い話で申し訳ないのですが、なぜか便秘になることが多くなってしまいました涙。4日間くらい出ないとお腹パンパンで苦しくなってきちゃいます。 タイならではの便秘解決法を色々試してみたので、ご紹介しちゃいます。

コスパの良いサロンを発見!プーケットのネイルサロンにいってみた

こんにちは。Mieko(@mieko_tokyo)です。 ただいま、プーケットで美容関係のお店をリサーチ中でございます。 アラフォーでも一応女ですので、どこの国にいようがネイル・マツエクなどでテンションが上がる美容好きな私。 様々な国を訪れましたが、各国でネイルサロンをついついチェックしてしまいます。普段ジェルネイルをつけてますが、長く持ってもせいぜい3〜4週間が限度。海外で長期滞在するとなるとネイルサロンに行くか、自分でセルフジェルネイルをするか、ネイルを付けるのをやめるかの3択。 ヨーロッパだと物価が高いのでネイルサロンへ行くのを諦めましたが、東南アジアだと物価の安さもあってネイル・マツエクは気軽にできるのが魅力です。

生理痛・PMS持ちの私がタイ・プーケットで低用量ピルを買ってみた

こんにちは。Mieko(@mieko_tokyo)です。 昨年末に元なでしこジャパンの澤さんの「低用量ピル服用と検温は欠かさず実践」という記事をヤフトピでみました。やはりアスリート。低用量ピルを使って体調管理をしていたそう。確かに生理があるおかげで女性の身体のコンディションは微妙に日々変化しますもんね。 私も、避妊目的だけではなく、PMSや生理痛軽減のために低用量ピルを飲んでいます。日本ではそこまで低容量ピルを飲んでいる人は多くないですよね。また、値段が高かったり、一般薬ではないので医師の処方が必要なので手に入れにくい現状でもあります。 しかしタイでは日本に比べると安くて気軽に購入できてしまうんです。