こんにちは。Mieko(@mieko_tokyo)です。

タイに滞在して早5ヶ月目。汚い話で申し訳ないのですが、なぜか便秘になることが多くなってしまいました涙。4日間くらい出ないとお腹パンパンで苦しくなってきちゃいます。

タイならではの便秘解決法を色々試してみたので、ご紹介しちゃいます。

 

タイ料理は便秘になりやすい?

私はタイ料理は大好きで3食全てタイ料理でも全然問題ない人間です。しかし、よくよく考えてみればタイ料理にも色々種類があり…。私が好んで食べてたものって、ほとんど麺類だったんです。

チェンマイに2ヶ月滞在してた時は毎日カオソーイを食べ、プーケットに滞在するようになってパッタイホッケンミーを食べておりました。冷静に考えてみると、これらの麺類、あまり野菜が入ってないんですね。麺類以外で何を食べてたというと、カレーばかり。そういうものばかりを連続して食べた時によく便秘になってました。

ゆえに、完全なる野菜不足が便秘を招いたのではないかと推測。思えば日本にいた時は、野菜&発酵食品(納豆、キムチ、味噌汁)をよく食べていました。

タイ料理の中でも野菜が多くとれるソムタムなどを意識して食べればよかったなあと反省…。

 

タイで便秘になった時の対処法

タマリンドを食べる

日本ではあまり見かけることのない、タイのフルーツでタマリンドいうものがあるんですが、そのタマリンドは食物繊維が豊富で整腸作用があると言われているんです。

タイではそのタマリンドはポピュラーで、ドライフルーツとしてコンビニやスーパーで販売されてます。値段は40バーツ(137円)くらいだったかな?

そのルックスは少々衝撃的…。勇気を出して食べてみたら、意外に美味しい!食感が柔らかいプルーンのような感じ?甘さと酸っぱさがちょうどよく、歯ざわりもソフトで食べやすいんです。

便秘への効果はというと、軽めな症状だったら効果あるかもという感じ(私個人の感想です)。

 

スリミングティー「FITNE」を飲む

タイで人気のスリミングティー「FITNE」も試してみました!

スリミングティーと名の通り、タイでは「痩せるお茶」として人気ですが、日本でも便秘薬に配合されている「センナ」が入ったお茶です。

タイのスーパーであればどこでも販売されていると思います。様々なフレーバーの種類があって、コーヒーやココアタイプ、緑茶フレーバーなんていうのもありました。私はライチフレーバーをチョイス。ティーパックタイプなので簡単に気軽に飲めます。値段はテーバックが15個入って89バーツ(305円)。

想像上の味は苦くてまずいイメージだったのですが、こちらも意外や意外、飲みやすく美味しい!ライチの酸味が聞いていてごくごく飲めちゃいました。

で、飲みすぎたということもあり、即効性は抜群。夜、寝しなに2杯ほど飲んで翌朝スッキリという感じでした。が、効きすぎてしまってその日はほとんどトイレこもりっきりでした。

 

センナが入った便秘薬を飲む

実は、タイのコンビニではちょっとした薬が販売されているところが多いんです。何をしても出ない!という時は、コンビニに駆け込んで便秘薬を購入することも可能です。

私が買った便秘薬もセンナが入ったもの。これまた値段を忘れてしまったのですが、8錠入って30バーツ(274円)くらいかな?「relieve constipation」「laxative」と書かれているものが便秘薬です。

これも就寝前に1錠飲んだら、翌朝スッキリパターンでした!でも、やっぱり出る前は超お腹が痛くなって冷や汗タラタラでした。

即効性があるんですが、かなりお腹が痛くなるので予定のない日の前日の夜などに飲むがおすすめです。

まとめ

センナ系のお茶、便秘薬は即効性があるんですが、これに慣れすぎてしまうと自然なお通じができにくくなってしまいますので、センナの服用しすぎは注意が必要ですね…。

普段から野菜やフルーツから食物繊維を摂る生活に変えていこうと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です