こんばんは。プーケットに長期滞在していると気になるのが日焼け。一応、日焼け止めを塗っているんですが、汗であっという間に落ちてしまうというのが最近の悩みです。

そんな常夏のプーケット。バンコクほどではないですが、美容皮膚科やエステサロンがショッピングモールや街中で見かけます。タイ人女性は美白の意識が高く、エステサロンでも美白対策のコースがあるようです。

私も日焼けによるシミが気になってきたので、プーケットでIPLフォトフェイシャルトリートメントにチャレンジしてきました!

 

 

IPLフォトフェイシャルって何?

日本でもIPLはメジャーになっていると思うのですが、IPLは肌に有効な光をあてることによってコラーゲンを生成し、シミ・くすみ・そばかす・赤ら顔を改善するという光治療の一種だそうです。

弱めの光なので、レーザー脱毛のような強烈な痛みはなく少し痛む程度。ダウンタイムもほとんどありません。

 

プーケットタウンにあるコスパの良い美容皮膚科を発見

バンコクには有名な美容整形外科が多く、日本語が話せるドクターもいるので駐在妻の方に人気だとか。そんな話を聞き、シミだらけの顔をなんとかするためバンコクへ遠征しようかと思ったのですが、時間とお金を節約するためにプーケットにもいい美容皮膚科がないかなと調査。

その中で発見したのが、「Dr. Apinya clinic」。プーケットタウンにある美容皮膚科です。なんとこちらの美容皮膚科、IPLフォトフェイシャルが1回500バーツ(約1,700円)で施術が受けられるんです!

日本では1回の施術で1万円〜3万円くらいが相場かと思うので、こちらはだいぶ破格なお値段。

プーケットタウンのPhuket通りをイミグレーション方向へ南下、Surin Circle Clock Towerを通り抜けてさらに南下して中華門の側にあります。

パトンからソンテウをご利用の場合はバスの降車場から徒歩15分くらいです。

地図はこちら。

 

 

施術はいたってシンプル

事前に予約するべきか否か迷ったので、Facebookページから「今日はIPLを受けられますか?」と問い合わせをし、「問題ないと」即レスがありました。

日曜日が定休日ですが平日やタイの祝日にも閉店するケースもあるようなので、Facebookから営業しているか問い合わせてみるのが良いかなと思います。

Facebookページはこちら「Dr. Apinya clinic」。

予約はせずとも良さそうでしたので、そのままお店に直行。受付で「IPLトリートメントを受けたいのですが」と言えばOK。その場でお会計し、施術室へ。

ヘアバンドを渡され、速攻施術ベッドに寝るようにナースの方から指示を受けます。「化粧落とさなくて大丈夫かな…?」と不安になっていたのですが、ナースの方がクレンジングマッサージをしてくれました。

クレンジングが完了したところ先生登場。先生は英語が喋れます。IPLを過去にやったことがあるかと聞かれ、あると答えたら、説明なしに速攻施術笑。

キンキンに冷えたジェルをたっぷり塗られ鼻に詰まりそうになりましたがあっという間に施術終了。時間にして約10分程度。光が当たった際は多少の痛みはありましたがキンキンに冷えたジェルが冷たさが勝ち、全くヒリヒリすることはありませんでした。

施術終了後、洗面所で洗顔し、化粧直し。ダウンタイムがないので速攻化粧はOKです。クリニックには化粧水・日焼け止めもあります。施術後は日焼け厳禁なので日焼けが不安な方はサングラス・マスク・日傘を用意するのがおすすめ。

 

 

まとめ:過去にIPLを受けた方にはおすすめ!

実際施術を受けてみた感想としては、日本のような丁寧なカウンセリングや他のコースを勧められることはありません。とってもシンプル。なので、過去にIPLを受けたことがある方にはオススメ。時間もかからないので、プーケットタウン観光についでの施術も可能です。

また、濃いめのシミがある方は3〜4週間に1回、5回程度の治療がおすすめだそう。この価格なら続けられそうですね。

私も継続してIPLを受けて見たいと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です