こんにちは。Mieko(@mieko_tokyo)です。

4月から2ヶ月間、フィリピンのセブ島に滞在しておりました。セブ島のマクタン島にある英語語学学校に通っておりました。平日は学校で英語の勉強、週末はビーチやショッピングで楽しんでました。

セブは女性が楽しめるスポットがいっぱいあるので、女子旅におすすめな楽しみ方をまとめてみました。

大王道!マクタン島のリゾートホテルで楽しむ

  • Plantation Bayのプール

実はセブの空港はマクタン島にあり、セブ島にはありません。しかし、多くの方がイメージする高級リゾートホテルの多くはマクタン島に存在します。物価の安いフィリピンなので、五つ星ホテルでも手が届く価格帯になってます。

多くのリゾートホテルはプールやプライベートビーチを所有しており、そこでゆっくり優雅にリラックスするのもセブの楽しみ方。

  • 夕暮れ時のPlantation bayのプール

また多くのリゾートホテルではデイユースが可能。安いホテルだと1,000ペソ程度(約2,300円)、五つ星ホテルでも2,000〜4,000ペソ程度(約4,600円〜9,200円)でデイユースが楽しめます。

セブ島にあるセブシティと呼ばれる場所は、比較的都会で飲食店やショッピングモールが多いので、宿泊をセブシティにしてマクタンのリゾートホテルをデイユースで楽しむという方法もあります。

今回、私はマクタン島にある五つ星ホテルPlantation Bay resort and SPAのデイユースを利用しました。価格は平日価格で2,000ペソ(約4,600円)。ランチやドリンク、そしてカヤックなどが利用できるアクティビティ代も含まれています。

巨大なプールが中心にあり、ビーチベットも自由に使えて快適。敷地が巨大なので、混み合ってもゆったり楽しめる空間があり、日常を忘れてとにかくのんびりしたい方にオススメのホテルです。

 

アイランドホッピングを楽しむ

セブと言ったらまず思いつくのが美しいビーチ。リゾートホテルが立ち並ぶマクタン島からわずか1時間程度で、美しい透明度の高い白い砂浜のビーチに行くことができます。

アイランドホッピングは、複数の島を巡ってシュノーケルやスイミングを楽しみ、BBQやお酒を飲んでリラックスできる最高のアクティビティなのです。少人数でも大人数でも楽しめます。どの島のビーチも透明度が高い海なので、ダイビングをするように深く潜らなくても美しい魚を見ることができるのです。

私が行ったのはナルスアン島パンダノン島。朝8時ごろにホテルに車の迎えがきて、夕方3〜4時にホテルに帰ってくるようなスケジュールでした。

現地のツアーを利用し、価格は1,700ペソ(約3,910円)。マクタンのホテルから船着場への往復の車代、ボード代、ランチ代が全て込みの価格です。

セブに来たからには美しい海を楽しまないと損!アイランドホッピングは、セブでマストなアクティビティと言えます。

 

リーズナブルなショッピングを楽しむ

物価の安いフィリピン。韓国や香港のようなブランドショップはないですが、様々な物が日本に比べてとても安いところも魅力。

  • ティーン向けファッションのjust G

ショッピングでオススメしたいのが、フィリピンブランドの服。フィリピン人の体型は小柄で、日本人のサイズとあまり変わらずサイズも探しやすいです。

そしてなんと言っても価格の安さが魅力。質は日本と比べてしまうと少々雑な作りですが、ビキニやワンピースが、日本の4分の1程度の価格で購入することもできるのです。

セブには大きなモールが複数あり、一度に色々なお店をチェックできる、モールでのショッピングがオススメ。代表的なモールはアヤラモールSM City CebuSMシティシーサイドモールなどが有名です。

スパやエステやエクステも!ビューティケアも楽しむ

スパやマッサージも日本では考えられない価格で受けられます。アクティビティで疲れた身体に、リーズナブルな価格でスパやマッサージを受けることが可能なのです。

ホテル内のスパで、1H2,000ペソ(約4,600円)程度。ローカルのマッサージショップなら、1H200〜300ペソ(約460円〜690円)と破格。これなら毎日でもマッサージへ行きたくなりますよね。

また、ネイルやまつげエクステも大きなモールの中にあり、こちらも日本の価格よりかなりリーズナブルです。時間があればぜひトライしてみてください。

 


まとめ

セブ島は女性にとって魅力溢れる島です。ゴールデンウィークなどでリフレッシュしたい時などにぜひ行ってみてくださいね!

  • 日本円の表記は、2017年5月現在のレート(1ペソ=2.3円)によるものです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です